兄のタトゥーを告げ口

フリーターで18歳の私と、19歳で大学生のお兄ちゃん。
私たち兄妹って、昔からお互いのことを両親に告げ口ばかりしていた面白い兄妹でした。

今でもそれは変わらず、私がピアスを開けたことをスグに父へ告げ口した兄!
「親からもらった体に穴を開けるとは何事だ!!!」
私のピアスの穴は、1週間後には閉じてしまっていました(笑)

そんな兄は、中学生のときから格闘技をやっていてマッチョ。
今のマッチョな男性といえば、お洒落なアレが流行っていますよねw

今年の正月、兄が実家に帰省したんです。
昼間、私がシャワーを浴びようと浴室に入ると、何と兄が全裸で体を拭いていました。
「もう上がったから、シャワー浴びていいぞ」と言いながら、なぜか左腕から胸板のところをタオルで隠すのです。
“ちょっとお兄ちゃん、隠すところ間違ってんじゃないの?”(笑)

鏡越しに兄の上半身を見たところ、腕と胸板には今流行のアレ!そうです、タトゥーが入っていたのです!
私がピアスを開けたときに告げ口した兄・・・仕返しのチャンスが到来したことは言うまでもありませんw

その日から、兄が一人暮らしのアパートに帰る2週間、毎日のように父から雷が落ちていましたw
そう言う私も実は、胸元に可愛いタトゥーを入れていますwww
ココなら家族にもバレないし、しっかりタトゥーを楽しんでいます!

スポンサードリンク
タトゥー風俗 池袋衝撃の裸体

本当の女友達からのアドバイス

自分の知り合いに警察官になった奴がいるのですが、タトゥーをしているせいでなかなか昇級できないと言っていました。
また、僕も彼女が居た頃にタトゥーをしていたことがあったので、その気持ちがよく分かると言って仲良くしています。

ただ、消せない痛みをバネに、これから先頑張ろうという気力はなかなか湧いてきません。
しかし、ある時、風俗店にも入れなかった私に街なかで声をかけてくれた女性がいました。

その女性は僕とその警察官になった友達との同級生でした。
本当の友達だからこそ、フレンドリーに会話してくれる彼女に好意を抱きました。

やはり持つべきものは友達だよな~と思いながら、夜に公園で3人歩いていると、
もう一人の警察官の友人が、昇給できないことの悩みをカミングアウトしました。

すると、「あんたの頭が悪いから昇給できないんじゃないの~!!アハハ~!」と笑い飛ばしました。
今まで風俗嬢やガールズバーの娘からは「そんなことないよ」と少々引き気味でしたが、逆に押してくれたことで、
元気が戻ったようです。押してダメなら引いてみろとはこの事かなと思いましたね~。

ちなみに、僕のタトゥーはまだ消えていませんが、彼女との思い出を捨てて、
仕事に専念することで前向きに生きていこうと思うようになりました。

真面目な彼までタトゥーを

お洒落で面白い彼氏だけど、根は真面目。私と同じ年齢の23歳だけど大人なタイプの社会人です。
彼の趣味はショッピングなんだけど、いつもお洒落な服ばかり買っています。

そんな彼とお付き合いしている私も、元々はお洒落ってタイプじゃなかったのですが、最近では彼に影響されたのか、いろんなお洒落を楽しむようになりました。

自分が1つお洒落になると、また次のお洒落を楽しみたくなってしまいます(笑)
最初はネイルやエクステで見える部分のお洒落を楽しんでいたのですが、それでは飽きてきてしまいました。

そして私が辿りついたお洒落は見えない部分のタトゥーだったのです。
最近では若い人でもお洒落の1つとして楽しむようになったタトゥーを、私も入れてみたくなったんです。
でも、タトゥーって言葉を変えれば刺青・・・そんな過激なお洒落だと彼から叱られると思っていました。

そして彼が仕事の出張で1ヶ月間いなかったときを狙って、私は胸元に可愛いタトゥーを入れたんです!
彼が出張から帰ってくる日が迫るとハラハラ・・・タトゥを入れたことを少し後悔してみたり・・・

彼が帰ってきた当日、彼からデートに誘われました。
お洒落なお店で夕飯を食べ、これまたお洒落なバーでお酒を飲んで、そして最後は彼と手をつないでホテルへ・・・
もう隠せないと覚悟をきめて、彼と一緒にお風呂へ入ったときでした。
彼の目が私の胸元をガン見w

「それ、イイじゃん!すっげーお洒落じゃん!魅力的だよ!」
彼は私のタトゥーを見て褒めてくれたんです!
そしてその2ヵ月後、彼も腕にタトゥーを入れて帰ってきました(笑)

ワンポイント入れちゃうと欲が出ちゃう

夏になって海に行ったり、格闘技の試合とかで裸の男性を見るのが大好きな私。
マッチョフェチって言うのかなw
胸板の厚い男性が超タイプな私が、最近もっと惹かれることがあります。

それは、厚い胸板に素敵なタトゥーを入れた男性です!
太い筋肉質な腕にかっこいいタトゥーを入れた男性も魅力的ですが、やっぱり厚い胸板に入ったタトゥーが最高!

そして今年の夏、海に行ったときに見た胸の大きな巨乳女性!
その女性も、胸元に可愛いワンポイントのタトゥーが入っていたんです!
やっぱり、男性も女性も、立派な胸元だとタトゥーが栄えるんだな~って実感してしまいました。

そんな私は人前で胸元なんて露出できないBカップwww
すると私の友人が、
「胸は小さいけど、腕がふくよかだから肩にワンポイントのタトゥー入れなよ!絶対に似合うよ!」とアドバイスしてくれたのです。

“胸は小さいけど、腕はふくよか”って・・・失礼な(笑)
そして私も勇気を振り絞って、左肩にハート型がメインの小さなタトゥーを入れてもらいました!
料金は5千円くらいで、タトゥーを入れる時間は30分くらいwww
あっと言う間にタトゥー仲間になっちゃいました(汗)

1つ入れてしまうと、欲が出てしまい、「足首にも入れたい!うなじにも入れたい!そして胸元にも・・・」って思ってしまいます。
来年の夏までには、もっと魅力的に見えるようにタトゥーを増やす予定です!

女子も興奮の男子タトゥー

高校3年の夏、クラスのみんなで計画を立てて海水浴に行きました。
この年齢になると、女子たちも豊満な体型になり、そして男子たちも筋肉質なカッコイイ体になっています。
女子は男子たちを評価し、男子は女子たちを評価する、そんな当然な楽しさがありました。

「潤也君の逞しい体ステキー!」と一番人気だった男性。
すると女子の一人が、
「私のお兄ちゃんも、あんな体型だよ!そしてタトゥーも入ってるから更にカッコイイよ!」と言ったのです。

来年の夏は、みんな社会人や大学生。
高校を卒業すれば、女子も男子も学校で禁止されている色んなお洒落を楽しめるようになると盛り上がっていました。

そして今年の夏休み、誰からともなく高校時代のみんなで集まろうという計画が実行されました。
女子も男子も、「集まるなら海だろう!BBQだろう!」と意見も一致!
みんなで海に集まってBBQをしたり、海水浴を楽しんだりしました。

すると1年前までキレイな体だった潤也君の腕と胸のところに、すっごく素敵なタトゥーが入っていたのです!
女子たちはみんなで潤也君を取り囲み、黄色い声が立ち上っていました(笑)

「俺もタトゥー入れよう!俺も女子にモテたい!」
そんな男子たちが続出www
やっぱり今の時代、タトゥーは外せないお洒落になっていますね!

私の危険な性格

私って基本的に危険な男に魅力を感じてしまいます。
そうなってしまったのは、私が高校2年生のときに付き合った彼氏が影響しています。

当時の彼氏は26歳で、とても筋肉質な男らしい体型の男性でした。
そして高校生の私とお付き合いをしていた彼の職業は、俗に言うヤクザだったんです。
首から下は、両腕までビッシリと彫られた刺青が常にまわりを威嚇しているような雰囲気の男性でした。

彼氏関白と言うのか、その彼はいつも一方的。
「飯食いに行くぞ」「好きなもん買ってやるから新宿行くぞ」「風呂入るぞ、準備しろ」「ヤルぞ、脱げ」
上半身裸になった彼の逞しい肉体に彫られた刺青に、少しの恐怖と大きな興奮を感じていた私でした。

その彼とは、いろんな事情があって別れてしまいましたが、今でも私が選ぶ男性はタトゥーを入れた威圧的な男性です。
最近では、普通の若い男性たちもお洒落感覚でタトゥーを入れていますが、私が魅力を感じるのは悪そうな男性のタトゥーです(笑)

そんな雰囲気に、ずっと憧れていた私も今年の冬にタトゥーを入れました。
私の場合は、お洒落感覚に小さなワンポイントのタトゥーを胸元に1つだけ。
それでも、何だか自分が大きく変わったような気持ちになり、自分のターニングポイントになっています。

理解のある両親で良かった

結婚を考えるようになった彼氏は20歳の社会人です。
仕事も真面目だけど、彼にはやめられない趣味があります。それは格闘技です。
プロを目指しているワケではないようで、ただの趣味って範囲なんだけど結構お金がかかるみたいなんです。

お給料は30万~32万円ほどを貰っているようなのですが、その中から毎月10万円ほどを趣味の格闘技に使ってしまう彼。
私たちがお付き合いをして2年以上なので、私の両親も彼とお付き合いしていることは知っていて、
「いいじゃないの~!自分で稼いだお給料なんだから、一番大好きな趣味に使ったって」と母・・・
「男は強くなくちゃ!その為にも趣味の格闘技で金がかかるのは仕方ない」と父・・・
後々は結婚したいという私たちの意志も知っているのに、両親は彼の無駄遣い(?)を容認してしまいます。

そして今回、結婚も危ぶむことをやってしまった彼。
同じ格闘技の仲間たちで流行っているタトゥーを彼が入れてしまったのです!
しかも私に内緒で、いつの間にか腕と肩にタトゥーを入れていました。
それを知ったのは、彼の家に泊まりに行ったとき、布団の中でラブラブしていたときでした(笑)

せっかく彼のことを100%認めてくれている私の両親がタトゥーを入れたことを知ったら・・・
そんな私の不安も知らず、彼は私の家でご飯を食べていたとき、私の父に言ったのです!

「あ、俺タトゥー入れたんですよ」と・・・そして上着を脱いで父と母に見せてしまいました。

「やっぱり逞しい体にはタトゥーも似合うわね!」と母・・・
「最近の若者の間で流行ってるらしいな!パパもタトゥー入れてみようかな(笑)」と父・・・

今の時代、両親たちの年齢層にも、若者のタトゥーは認められているんだと実感した日でした。

真面目少女が男性にドキッとした瞬間

基本的に真面目少女だった私は、日常の過ごし方も小説を読んだり、美男子系の漫画に夢中な生活でした。

高校生になっても、学校の休み時間やお弁当の時間もひとり・・
まわりからの冷たい視線を紛らわすため、やっぱり机でひとり読書をする私。

高校3年生の冬休み、冷たい空気に触れたくて外に出ることにしました。
その時も忘れずに漫画本を2冊持って(笑)
近所の公園に行き、ベンチに座って読書をしていると、上下スウェットを着た男性が公園の遊具を使って筋トレをしていました。
天気予報では夕方から雪だと言っているのに、その男性のスウェットからは熱気の湯気が立ち上っていました。
見た感じでは、20歳そこそこ、下手すると私と同じくらいの年齢で、私が苦手な少しヤンキーっぽい雰囲気の男性でした。

でも私、その男性が何故か凄く気になってしまうようになったのです。
その日以来、毎日通う公園で、必ず決まった時間に見かける筋トレ男性。
春になり、夏も近くなったとき、男性は筋トレの終わり頃にスウェットの上着を脱いでタオルを汗を拭きだしたのです。

あ!イヤっ!私のほうが恥ずかしくなっちゃう!
目を反らそうとしたとき、男性の鍛え上げられた上半身には、刺激的なタトゥーが彫られていました。
ドキドキと高鳴る私の心臓・・・そのタトゥーに魅了されていく自分がいました。

「いつも会うね。本が好きなの?」
半年間、毎日公園で見ていた男性が、初めて私に声をかけてきた瞬間でした。
あの日から2年が過ぎ、今年の7月2日に彼と結婚します。

彼氏の夢が叶った卒業式の日

17歳のときから付き合っている私の彼氏は、同じ年齢の同級生です。
高校を卒業する前から、いつも言っていたことがありました。

「俺、高校を卒業したらタトゥーを入れるんだ」って・・・
私の高校にはキックボクシングのクラブ活動があり、彼氏もこのクラブに入っていました。
同じクラブにいた先輩が、高校を卒業してすぐにタトゥーを入れたことに刺激を受けたようでした。

先輩はプロを目指しているのですが、選手の中にはタトゥーを入れた人が多いようです。
そして彼氏も高校を卒業したあとは、キックボクシングのプロを目指す夢がありました。

高校の卒業式のあと、私は彼氏をカラオケデートに誘いました。
でも彼氏は・・・
「今から彫り師のところに行くんだ。もう予約を入れてあるから今日のデートは無理」と。

その日の夜8時頃でした。
突然、彼氏が私の家に来たのです。
私の両親に、高校を無事に卒業したことを伝え、彼氏は私の部屋に行こうと言いました。

そして私の部屋に入ると、彼氏は服とズボンを脱いでパンツ1枚になったのです。
そして私が見たものは、肩、腕、膝に入った鮮やかなタトゥーでした。
まだまだ痛々しいものでしたが、彼氏は満足気な顔で私を抱きしめて「俺たち、卒業おめでとう」って言ってくれました。

何だか変な感じ・・・

お洒落の先駆けだと勘違いしてた

私のお洒落と言えば、高校生になって初めてあけたピアス!
まわりの友人たちは、まだピアスをしていなかったので、みんなに羨ましがられていました。

その優越感から、私はお洒落にハマッていきました。
男子にウケた私のお洒落は、へそピアスです。

背伸びしたとき、制服の下から一瞬だけ見える私のへそピアスに男子たちは股間をおさえて騒いでいました(笑)
夏休みや冬休みになると、髪の色を変えたり、お化粧をしてお洒落を楽しんでいました。

「お洒落のことなら美穂(私)」と言われるほどになった私。
無事に高校を卒業して大学生になりました。
そこで私は、お洒落に関して、人より遅れていることに気づかされたのです。

大学1年の夏、私はサークルの先輩たちに誘われて海BBQに行きました。
「可愛い水着を持って来て」とのことで、私は自慢の“へそピアス”が目立つ水着を選びました。

しかし、当日に行った海で見た先輩たちのお洒落は私より断然レベルが上・・・
それは、タトゥーというお洒落だったのです。
私には足りないお洒落、それはタトゥー・・・

大急ぎで私もタトゥーを入れたことは言うまでもありません。
見えない部分だからこそ忘れてしまうお洒落なんだと思いますが、みなさんもお洒落においてかれないようにご注意くださいね!